2020の阪神タイガースA


2020の阪神タイガース、、、そのAです

@では、新加入の外国人選手で、
現在招へいに成功したと思われる2人をピックアップしました。
※スアレスとサンズ

昨シーズンからの残留組は、
マルテ選手、ガルシア選手、呂選手の3名です。
呂はまだ育成段階として、マルテとガルシアの2年目はどうか、、、
ガルシアは、危なっかしい立ち上がりですが、試合はつくりますよね。
ただ、援護が少なくQSは達成することが多いけど、勝ちに恵まれませんね。
マルテは、なんかずっといないですねw
ケガに負けています。
まあそのおかげで大山の打撃開眼の兆しがあるんですけど、、、

今年の大山は初球からガンガン振っていく積極性が成功してますね。
厳しいタマやミスショットにより、初球や若いカウントでの撃沈もありますが
昨年までの「なんでも流し打ち」の姿勢より100倍マシです。

その他では梅野捕手の成長が著しいですね。
もうセリーグのナンバーワンのキャッチャーといっていいでしょう。
盗塁阻止率、打率、得点圏打率など、非常に秀逸な数字があがってます。
このところ疲れがでてきて、休みの日も増えてきてますが
坂本あたりの成長もチームのためには必要なことになりますね。
原口は、捕手より内野手としてやったほうがいいと思うけどなぁ。

2年目の近本、木浪の成長もうれしいですね。
近本のパンチ力のある打撃も健在ですが、ここにきて率もあがりました。
木浪は守備がよくなってきてますね。
ここが安定すると勝負強い打撃も生きてくると思います。
そして、この年のドラ3でもある小幡もこのところ活躍してます。
守備力もいいですが、野球センスが抜群です。
根尾世代の中で一番の守備力とセンスだと思います。
セーフティーバントなど小技もいいです。

あぁ、どこまでも書けてしまうくらい
我らが阪神タイガースのことは話題に事欠かないですね。
次は、今年入団選手のことを触れてみましょう!






Copyright © ★M澤の粉骨砕身日記★ All Rights Reserved.