不動産・ビル管理|二俣川にも共通!不動産物件をバリアフリー改修するには?

  • トップページ
  • お役立ち情報
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | <前へ | 1 | 2 | 3 |
TOP > 不動産・ビル管理 > 株式会社トリニティーズ不動産

二俣川にも共通!不動産物件をバリアフリー改修するには?


障害を持った人が二俣川エリアの賃貸物件で単身生活をする場合、バリアフリー改修は必須です。また、高齢になって足腰が弱ってきた場合にも不動産物件を抜本的に回収する必要が出てきます。賃貸物件をバリアフリー改修する場合、どのような届出と手続きが必要になるのでしょうか。回収プロセスは、市営住宅か民間住宅かによっても変わってきます。二俣川の場合、入居を希望する市営住宅を管轄する区域の住宅供給公社に申請を行い、「入居したい」という意志を表します。抽選などにより入居が確定した段階で居室の改修方法を検討することになります。この時にかかわるのは不動産業者ではなく、ケースワーカーやケアマネージャー、理学療法士などです。とくに理学療法士はフィジカル面の専門家で、部屋をどのように改修すれば入居者がより快適に暮らせるようになるかを専門的に考えます。改修にかかる工事費は限度額以内であれば自治体が公費で負担してくれるため、実際の負担額はそれほど高額にはなりません。民間の賃貸物件の改修については二俣川にかぎらずどのエリアでも基本的に認められていませんが、障害や高齢が理由でなおかつ相応の必然性が認められれば特例として改修が許可される場合もあるため、個別のケースについては不動産業者に相談してみましょう。